浴衣の畳み方

お洗濯、アイロンをかけた浴衣。
今度は、とらげんと いけんけぇ~、
(※福山弁:今度は片づけないといけないので)
浴衣を畳むよ~ちなみに着物も同じ畳み方。
初心者編です。
で・・・
こうけんの登場!!ちなみに・・・彼はAKB48の
峰岸ちゃんのファンなんです。

浴衣・着物をたたむ時の位置も
こうけんと同じようにしてみてください。
下前が手前にくるようにしてください。




①浴衣の袖の延長の
脇線に沿って折りたたみます。
(浴衣の手前から2本目の縫い目です)


②下前のおくみの縫い目
  (広げた状態の時の始めの
  縫い目です)に沿って手前に
  たたみます。このとき、えりは
  内側に折ります



③反対側のおくみを重ね、えりから
  すそまで重ねてください。しわも
  きれいにとってね。



④上前の脇線をつまむように
持って・・・



⑤下前の脇線に合わせます
  背縫い線で丁度2つに重なったように
  なります。
  この時、まだ袖は折りたたみません。




⑥浴衣のすそをえりに重ねて
  二つに折ります。





⑦手前ではない方の袖を重ね・・・


⑧浴衣をひっくり返して反対側の袖を。。。



⑧重ねます





完成!!さすがA型!!
私がたたむよりきれい。教えた人より
きれいに出来ました。m(_ _ )m





おまけ、映像。学校に持っていく雑巾を
縫っている、こうけん。この日、4枚雑巾を
縫いました。頑張ったね。

レンタルきもの みやじま小町 〈公式HP〉

可愛い着物・浴衣で宮島を観光で散策されるなら『レンタルきもの みやじま小町』の着物・浴衣体験はいかがですか?小物も一式揃っていますので、手ぶらでどうぞ。カップルや女子旅での広島や宮島・岩国錦帯橋の観光はもちろん、初詣や成人式、卒業旅行、七五三、あるいは夏は浴衣で「とうかさん」や花火大会、夏祭りへもお出かけください。厳島神社の結婚式に参列される際の留袖や振袖、訪問着なども取り扱っております。